★はじめまして、ひいらぎさん★

b0077117_156190.jpg


これが柊の花ですー。

母に「あらこれ、ヒイラギの花だわ!珍しいー!!」と言われ、

生まれて初めて見ました。

葉っぱの方は昔からよく見かけましたが、花は初めて。

お恥ずかしい話ですが、常緑樹で、花は咲かないもんだと思っていたくらいです。



木犀(もくせい)科だけあって、金木犀の白い版といったところでしょうか。

ネット検索によると、開花時期は、11/ 1頃~12/20頃だそうで、

金木犀や柊木犀(ひいらぎもくせい)のあと、11月になってから咲くらしく、

まさしく今!であります^^

で、こんな事も書いてありましたので、抜粋しました。

  
   葉は固くてギザギザ(さわると痛い)。さわると「ひいらぐ(疼く。ひりひり痛む)」

   ことから、「ひいらぎぎ(疼木)」となり、
   
   次第に「ひいらぎ」になった。
  
   老木になるとこの刺がなくなり葉も丸くなる。

  角(かど)がとれる、ということでしょうか。 (それを人生になぞらえる向きもある)



そうです。



で、花はいい匂いって書いてあるのですが、私が見たこの花は、

無臭!(笑)でしたー。ま、そういうこともあるよね!



また、柊は魔よけの意味もあるとよく言われてますが、

   古くからその鋭いトゲによって邪気を払う木とされ、庭に植える習慣があった。
   
   また、鬼が目を突かれて退散したという伝説、

   (別名「鬼の目突(おにのめつき)」)から、

   2月の節分(せつぶん)には、

     ・柊の枝葉を戸口に立てて、その葉っぱのとんがりで鬼を追い払う。
     ・イワシの頭を柊の枝の先端に刺して、その匂いで鬼を退散させる。
     ・豆がらをたくさん巻き付けて、ガラガラ音を鳴らして鬼を退散させる。

   という厄除けの習慣が現在も残っている。


とのこと。なるほど、ためになります~^^

あ、ちなみに花言葉は「先見の明」だそうで、なんかカッコいいですね。




で、ここまで読んでこられた方のうち、少なからず、

「あれ?ヒイラギってクリスマスのだよね?あれって赤い実のやつじゃなかったけ??」

と思われると思います。私も思いっきりそうでした。

が!

 クリスマスの飾りでよく使うのは、この「柊」ではなく、

 柊黐(ひいらぎもち)です(赤い実。 葉っぱのとげの形も違う)。


だそうですー!知らなかったー。

どうも ヒイラギ=クリスマスのやつ=赤と緑のあれ という風に、

私のアナログコンピュータ搭載の脳みそに、インプットされてしまっていたのでした!

これでひとつおりこうになりました(笑)。

ちなみに、今回のありがたいお話しの数々は、

www.hana300.com/hiirag.html さんのものをお借りしました。

ありがとうございました!大変ためになりました^^






というわけで、今日はヒイラギの花をお届けしました!


埼玉県某所のあたりは、だいぶ紅葉が見ごろになってきました。

赤・黄・黄緑・緑・茶などの葉がとてもきれいです。

あー、こういう色の組み合わせっていいなーとか、

わ!地味な色なのになんだか鮮やかに見える~!とか、

色々思いながら、見て歩くのは楽しいです^^

これから寒い冬の前に、ちょっと気合いれますか!

ってな具合にもゆる彼らを、

もう少し楽しませて頂こうと思います★

みなさんのおうちの方の紅葉は、いかがですか?





にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
[PR]

by naoko705-k | 2009-11-10 15:41 | 花・園芸関係